Bible Study Curriculum

 

Current Issue


IN THE APRIL EDITION:

The Significance of Holy Week
What is Advocacy--and Why
    Should We Care?
Chaplains Help Others Grieve,
    and Learn to Grieve
    Themselves

Baptists Today news journal contains original content found nowhere else. Subscribe now.

 

Search Baptists Today

 

 

Baptists Today Video

 

 

 

 

« Inmates are people, too. | Main | Looking for Martha »
Wednesday
Jan292014

No days like snow days

For folks who rarely see a good snow, a few inches of powder that doesn't melt upon contact can make for exciting times.

Local TV stations pre-empt scheduled programming for round-the-clock reports of traffic conditions while shivering reporters stand at empty intersections and try to make up something interesting.

Children get out of school (in our case, a full day before the first flake fell), and many businesses close.

People who rarely eat bread or drink milk rush to the grocery store to stock up.

It's ridiculous.

And yet, it's fun. Grungy pavement and weedy yards become pristine. Barren branches and evergreens sport snowy highlights, while porches and patios reveal surprising new geometry.

Kids play, snowballs fly, animals romp, adults post pictures on Facebook and Instagram.

Some jobs can't be postponed, but most folks heed the warnings to stay at home. Even when there's work to be done, it's more fun by the fire with a mug of hot chocolate close by and a picturebook world outside the window.

We know when it comes that it won't last long, and we know it will cause hardship for those who lose power or have to change travel plans or have to work regardless, but we're not sorry for enjoying the glittering day as a gift of God, who "gives snow like wool" and "scatters frost like ashes" (Ps. 147:16).

We enjoy it while we can.

References (10)

References allow you to track sources for this article, as well as articles that were written in response to this article.
  • Response
    東方網によ ミュウミュウ アウトレット ると、11月1日のニュース:『新聞晩報」の報道によると、近いうちにおける上海の気温は コーチ アウトレット 絶えず下がって、上海の多くが速いファッションブランドが発売された新型,ミュウミュウ アウトレット 羽毛ジャケット割引キャンペーン、199、299、399元の「原価たくさんの若い消费者グループは、業界関係者によると、冬せず、羽毛ジャケット早めに値下げ一方では、消費者の環境の弱、大手ブランドを通じて早めにつかむ期待販売市場.一方、国内市場規模の拡大を備え、コストの優位性のインターネットブランドは徐々に早くフ
  • Response
    ,ミュウミュウ 長財布 から1 ミュウミュウ 長財布 2月6日から今まで、ずっと迷い ルイヴィトン バッグ の中にある市民王さんは、なぜ型番の商品コードにそっくりで、原料が違うのでしょうか,ルイヴィトン バッグ? 先週、王さんは国内のあるファッションブランド公式旗艦店を1本買った原価560円の水洗い長ズボン、以前の実体の店で買ったそっくりのズボン、気持ちよくには行かず、実体の店を買い、公式認証のネットの店を買いました. 12月6日、小包を出してから王さんのズボンの刹那を感じて、生地に問題があり、実体の店で買ったズボン成分は
  • Response
    昨年9月、" LV LV LV スーパーコピー 記者から昨日西岡区裁判所によると、 LV LV LV p 売り210元偽 LV ブランドコピー 王さんは一連の事件の被告の一つの権利で、彼女は大連にあるショッピングセンターの自営業、ブースの主要経営バッグや靴などの商品.しかし、2010年9月、彼女を販売した二つの小物、まさか君に訴訟. 2010年9月25日、王さんのブースに販売の名刺と鍵のバッグ、名刺入れを売った110元、キーケース売った100元,ブランドコ
  • Response
    のChanel高級手工坊シリーズの最新ファッションショー立地で、ブ ブランドコピー ランドと思えない密接な関係のアメリカ石油城ダラス,ブランドコピー.今やっと知っていて、ダラスがなければ、今日ののChanelはいないかも!君 ルイヴィトン バッグ に期待されてのChanel秀のカールLagerfeld自分の何度もの育成を超えて高くて、この場で発生しアメリカ西部の最新ファッション宴も決してあなたをがっかりさせる.このショーは帯のChanelの最新のキャラクターが浮上し、当てて彼女は誰!私たちはカールLagerfeldの夢中にして差し支えな
  • Response
    この2日間、紹興の1家のロープ編みの小さな工場で、10以上の従業员が集まってチャット.彼らのボス叶某強盗に入られ、最近の疑いで逮捕する. p〉〈 ブランドコピー 時は従業員 の目の中の良い上 スーパーコピーブランド 司 彼らの目には、38歳のボス叶某(新昌人)の長所が多い. 彼 まず事業に成果があって、人に接するのは気前が良くて.叶某頭が切れるので、相前後して商売した服装、編み.今、紹興を経営しているこの家のロープ編みの小さな工場で、10以上の従業員.平常運転台の銀白色ビュイック商用車た、ブロックロレックス 叶某は
  • Response
    3日の活動期間が終わるまで、翌日11月11日、売上高は前年同期の5倍に達し、そして様々な人の品は皆に完売――これは国内からファッシ スーパーコピーブランド ョンや贅沢品ǒбサイト網の. が、双11本はǒбのカーニバル、ぜいたく品ǒб ミュウミュ 財布 の豊作自然が予想されている.もっと彼らにサプライズが二線都市の贅沢品の潜在力を大いに刺激されてǒб. 私たちによって 消費グループの地域分布データ統計結果、二線都市中高級品の消費の潜在力は巨大名,スーパーコピーブランド.11月11日は、いくつかの超大からのご注文福建莆田、その他大
  • Response
    □通信員建検 南京航空航天大学の実習生喻晨曦 金陵夕刊記者陈菲 で多くの人の携帯にも取り付けた防犯ソ グッチバッグ フトが、多くの人が:防犯ソフトで本当に防 ロレックスコピー 犯?事実の証明、まだ本当に行.最近こんな泥棒防犯ソフト、携帯電話が彼らにとって盗撮写真で、直接落とし主に送信,グッチバッグ.この写真は最終的にも警察が事件を解決する重要な手がかり. は彼女を連れて旅行を、彼はしばしば 週間小さなは手癖が悪いので、座って牢、出た後も悪だくみ変わらず、続けてい旧业操.最近、週小さな彼女と剛
  • Response
    p> UV 紫外線 センスと価値の一つの方式.今、新世代の社会の中堅の台頭、人々はハイエンドの品質の生活でも需要が顕著になる、個性化の消費傾向にあ ブランド時計 り、プライベートカスタムが私達までますます近くなって. で昨年、温州学院中等の浙江創意園内のHKSTAR手作りオーダーメイドの靴、最近はのの上下に足を工夫し、消費者はくつ型設計に溶け込んで、自分の考えを異種の需要を満足させ、消費者が
  • Response
    本社ニュース10月20日、東方フファフナーホールディングスグルー グッチ カバン プの投資3600万元、展示面積は4700平方メートルの中国,グッチ カバンバッグ博物館がオープ グッチの長財布 ンし、市初の展示でバッグ に同博物館は、まず目の義烏発展館、陳列して大量の歴史の上で人々が使用した旧式バッグバッグバッグバッグバッグバッグ 調査によると、中国バッグ博物館の特徴は伝統を博物館と企業の製品陳列、展示を有機的に結合して、両方の濃厚な歴史と文化の元素は、現代企業の生産要素,グッチの長財布.
  • Response
    高品質 安心 最低価格保証 ルイヴィトン 財布 20 http://www.chuyistudio.com/UploadedImg/lv/LV-7.html 13年人気最新品、新素材入荷 2013年最新の更新のルイヴィトンの包み、財布,ルイヴィトン 財布,http://www.chuyistudio.com/UploadedImg/lv/LV-7.html。2013年最新の更新シャネル (chanel) 包み、財布。 新旧(の程 ルイヴィトン 財布 度)の取引先を歓迎して予約して買いにきます 今回の私の店は特大な大安売りさを提供します 歓迎に分からないで、問合わせの事. 当店の信用の第1、商品の品質第一,

Reader Comments (2)

Your allusion to snow as mentioned prominently in Isaiah 1 created a horrific problem in Europe in the harsh winter of 1944-45, about which I wrote this years ago:

B A S T O G N E

The scarlet and the snow…the crimson and the wool
Isaiah seemed to know – but not this fiendish ghoul –
This battlefielded ghoul that graced a frigid hell
Saw each a bloody fool, whose life it would expel;
But, not unlike God's seer, it stared down years of time
When it would leech – as here – young blood while in its prime;
The scarlet, deadly sin…not bleached in falling snow…
And wool, with life within, dripped crimson – friend and foe.

The scarlet and the snow…the crimson and the wool
Isaiah had to know – but not a tyrant fool
Who reasoned not with God…but came, instead, to kill,
Who made his minions plod toward graves that thousands fill,
Who was incarnate sin…the scarlet, crimsoned wool…
His god – himself within – though simply Satan's tool;
But, in that icy hell…where tens of thousands fell,
No tyrant fool would dwell – the proud knew all too well.

The scarlet and the snow…the crimson and the wool
Isaiah could but know God reasons with no fool;
So, scarlet ruled the day…and crimson ruled the night,
As sin engaged full sway…the snow and wool to blight;
Men's scarlet-crimson gushed, as – brave – they fought to death,
Their screams of pain not hushed…till final, rasping breath;
But, right would win the day sin's scarlet-crimson spawned,
When wrong was made to pay…and hope, again, had dawned.

The scarlet and the snow…the crimson and the wool
Isaiah – did he know? – about each frozen pool
Of red that stained the earth, when warmed and gone to ground,
Of blood that gave rebirth…pure wool in earthly mound,
Where buglers sound the dirge for freedom-fighter's loss,
Where mourners yet emerge…from fields of star and cross.

The soldiers – friend and foe – from summer years have gone…
And where, then, did they go? – they went to cold Bastogne.

Jan 29, 2014 | Unregistered CommenterJim Clark

An interesting poem, Jim -- though my reference was to Psalm 147, not Isaiah.

Jan 30, 2014 | Unregistered CommenterTony Cartledge

PostPost a New Comment

Enter your information below to add a new comment.

My response is on my own website »
Author Email (optional):
Author URL (optional):
Post:
 
Some HTML allowed: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>